足のしびれの原因

足のしびれの原因について説明していきましょう。

足のしびれも手のしびれと同様、神経や血管の圧迫による神経障害で麻痺の一種です。
最も有名なのは正座や足を組んだときに起こるしびれでしょう。これは血流の流れを一時的に止めるために起こる代表的なしびれの例です。

sponsored link



足のしびれは、足首の捻挫や膝の痛み、主に腰から下の怪我が原因で引き起こることが多いです。足先のしびれが起こる原因が腰というのも不思議ではありますが、脊柱管狭窄症という病気では椎間板ヘルニアのような激痛は伴わないものの、足のしびれ以外に腰痛も同時に起こります。脊柱管狭窄症とは背骨の中にある脊柱管という神経を束ねている管が狭窄している状態、すなわち狭くなってしまう状態のことを言います。狭くなることにより神経が圧迫を受けて、足のしびれや腰痛が発生するというわけです。

かかと辺りの神経を圧迫して起こる足根管症候群もあります。ピリピリと刺すような痛みとしびれを感じます。ヒールの高い靴やサイズの合っていない靴を履いたりすると起こり、かかとと足の裏を通っている後脛骨神経が炎症を起こします。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 足のしびれと病気

⇒ 手のしびれの原因

⇒ 指先のしびれ

⇒ 椎間板ヘルニア



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
teasinosibire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。